EGO-WRAPPIN’

1996年 大阪で結成されたユニット。 メンバーは中納良恵(Vo、作詞作曲)と森雅樹(G、作曲)。大阪出身の二人で結成時から関西を中心に活動を続け、 現在は拠点を東京においている。
2000年に発表された「色彩のブルース」は、 戦前のジャズから自然に行き着いたキャバレー音楽や 昭和歌謡を消化し、 エゴ独自の世界観を築きあげた名曲として異例のロングヒットとなり、 その名を全国区で知られるようになる。 以後作品ごとに魅せられる斬新な音楽性において、 日本の音楽シーンにおいて常に注目を集めている希なアーティストだと言える。

オフィシャルサイト:
http://www.egowrappin.com/

藤原ヒロシ

80年代よりクラブDJを始め、85年TINNIE PUNXを高木完とともに結成し、日本のヒップホップ黎明期にダイナミックに活動。90年代からは音楽プロデュース、作曲家、アレンジャーとして活動の幅を広げる。‘11年より真心ブラザースの倉持陽一とともにAOEQを結成し新たなバンドスタイルでの演奏活動を行っている。2017年冬に発売予定のアルバムを渡辺シュンスケのプロデュースにより現在制作中である。そしてワールドワイドなストリートカルチャーの牽引者としての顔も持ち、ファッションの分野でも若者に絶大な影響力を持つ。
http://ringofcolour.com/

YO-KING

1989年大学在学中、音楽サークルの後輩桜井秀俊と真心ブラザーズを結成。バラエティ番組内“フォークソング合戦”にて見事10週連続を勝ち抜き、同年9月にメジャー・デビュー。「どか~ん」「サマー・ヌード」、「拝啓、ジョン・レノン」など数々の名曲を世に送り出す。2014年デビュー25周年を迎え、自身のレーベルDo Thing Recordingsを設立、11月にはレーベル第1弾作品となるオリジナル・アルバム「Do Sing」をリリースした。2017年9月 15枚目となるオリジナル・アルバム「FLOW ON THE CLOUD」をリリース、翌10月からは、全国18公演に渡るライブ・ツアーの開催を予定している。
www.magokorobros.com

奇妙礼太郎

天才バンド・アニメーションズのボーカルとしても活動中のバンドマンでありロックボーカリスト。 バンド編成から弾語りまで幅広い表現で行われるソロライブはオリジナルに加え、レパートリー豊かなカバー曲を多少交えつつ。泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する。その歌声は様々なCM歌唱でも起用されお茶の間にもお届けされている。最新作は「YOU ARE SEXY」2017年09月リリースのオリジナルアルバム。
http://kimyoreitaro.com/

渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz, cafelon)

国立音楽大学在学中よりセッション・キーボーディストとしての活動を開始する。華麗な鍵盤さばきと大胆なセンスで一躍、若手を代表するキーボーディストの一人として注目される。近年では多くの著名アーティストのレコーディングやライヴ・ステージで活躍する他、楽曲提供、プロデュース、アレンジ等も数多く行っている。また、自身のプロジェクトとしてはジャズ・プロジェクト”Schroeder-Headz”の他、オリジナル・ソングをヴォーカル&ピアノを披露する”cafelon”としても定期的にライヴを行なう。
渡辺シュンスケ:
http://sma.co.jp/artists/watanabeshunsuke
Schroeder-Headz HP:
http://schroeder-headz.com/

三浦 淳悟

1975年 神奈川県生まれ。94年渡米、ボストンのバークリー音楽院に入学。99年帰国、大学時代にセッションを重ねた仲間が母体となったバンドLoop Junktionに加入、04年解散。椎名純平などのサポートを経て、05年結成のペトロールズにて現在も活動中。バンド活動の傍ら、Spinna B-ILL、吉井和哉等、様々なアーティストのツアーサポート、レコーディングに参加。

番長(BAGDAD CAFE THE trench town)

2000年甲陽音楽院卒業。在学中に、JAZZやFUNKなどを学ぶ。2005年に、自身がリーダーをつとめるバンド、BAGDAD CAFE THE trench townがVictorよりメジャーデビュー。音源を出す度に全国各地のラジオ局のパワープレーに選ばれる。ライヴではFUJI ROCK、SUMMER SONIC、朝霧JAM、頂、SUNSET、FREEDOMなどなど、全国のフェスで活躍する。その傍ら様々なアーティストのサポートをする。REGGAE、JAZZ、ROCK、CLUB MUSIC、POP、SKA、FUNKなどなど幅広いジャンルをこなす。
参加バンド
BAGDAD CAFE THE trench town
https://youtu.be/Hqi7lSMfynk
ワンダフルボーイズ
https://youtu.be/YbDo8eUjgJ8
AFNICA
https://youtu.be/ouDLiEfoKFs

CHAI(ちゃい)

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド』、それがCHAI。誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、2016年の春以降、突然いろんな人が「CHAIヤバい」と韻を踏みながら口にし始め、ある日突然ノンプロモーションなのにSpotify UKチャートTOP50に代表曲『ぎゃらんぶー』が突如ランクイン! (※最高位36位)。2017年SXSW出演と初の全米8都市ツアーも大成功におさめ、4月26日に今現在のCHAIのヤバさがすべて詰め込まれた2nd EP「ほめごろシリーズ」をリリース。その常軌を逸したライブパフォーマンスを観てしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、彼女たちに触れた君の2017年度衝撃値ナンバーワンは間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!
オフィシャルサイト http://chai-band.com
オフィシャルTwitter https://twitter.com/2525_chai
オフィシャルInstagram https://www.instagram.com/chai_official/
オフィシャルYouTube Channel http://www.youtube.com/c/CHAIofficial

ORESKABAND

2003年に大阪・堺にて結成し、ライブを中心に活動するガールズバンド。3Rhythms&3Hornsの構成により、The Specialsに大きく影響を受け結成当初から SKAを基軸に活動してきたが、活動を続けていくにつれ、2トーンをより精神的なものとして捉え、SkaにRock/Funk/Reggae/Rock steady/Soul/Jazzなど様々なジャンルを取り入れたサウンドにスタイルを広げ世界を賑わせる。11月3日に、自身初の7inchアナログ盤”Groovin’ Work Stylee”をリリース!年末にはヨーロッパツアーも決定しており”ハッピーにサバイブ!”をモットーに、国内・海外で幅広く活動中!

LITTLE CREATURES

青柳拓次(Vo/G)、鈴木正人(Bass/Key)、栗原務(Dr/Per)の3人で87年、高校在学中に結成。新宿、渋谷を中心にストリートライヴを繰り広げながら人気を博し、90年にシングル「THINGS TO HIDE」でデビュー。デビュー2ヶ月後に、青柳はスコットランド、鈴木はアメリカへ語学兼音楽留学のため旅立つ。91年に1stアルバム「VISITA」をリリース。97年、3rdアルバム「little creatures meets future aliens」リリース以降は、”KAMA AINA”(青柳ソロ)、10人編成のエスペラント楽団 “Double Famous”(青柳・栗原)、鈴木はベーシスト、プロデューサーとしての活動など各々のソロ活動を行う。2000年、レーベル移籍を機にプライベート・レーベル「CHORDIARY」を設立。01年、4thアルバム「FUTURE SHOCKING PINK」、同年9月には初のライブ・アルバム「the apex」をリリース。05年、初の海外公演を行った後、5thアルバム「NIGHT PEOPLE」をリリース。同年、池上本門寺・野外特設ステージにてデビュー15周年祭を開催。2010年には、デビュー20周年を記念して、約5年ぶりのリリースとなる6thアルバム「LOVE TRIO」、レーベルの枠を越えた初のオールタイム・ベスト「OMEGA HITS!!!」、2011年1月にはLITTLE CREATURESをリスペクトする豪華アーテイストが参加したカバーアルバム「Re:TTLE CREATURES」をリリース。2015年、デビュー25周年を迎え、翌2016年7月に初の全編日本語詞による新作「未知のアルバム」をリリース。同年9月からは約11年ぶりのツアーを開催。今年2017年にバンド結成30周年を迎えた。孤高の存在としてマイペースに活動中。
http://littlecreatures.jp/

Noise On Trash

山崎円城(Vo,G)F.I.B JOURNAL
栗原務(Dr)LITTLE CREATURES / Double Famous
HEAVYLOOPER(B)HOMARE / ex.SUPER BUTTER DOG
山崎と栗原が、90年代の渋谷と横浜の路上演奏で始めたバンド。
1996年Sigh off from Amadeusコンピレーションに参加、1999年デビューアルバムFIN、Laughの、二部作以降、ファッション誌Commons & Senseへの一年に及ぶ定期楽曲提供や、Beams Recordsな ど、幅広く活動をしてきたが、2003年に突然活動を中止、長い休止期間を得て、2016年、13年ぶりに、山崎と栗原、それに当時SUPER BUTTER DOGで活動していた、HEAVYLOOPERをベースに加え、活 動を再開した。

 
PAGE TOP