ライバーとしての活躍!納める税金が発生

NO IMAGE

社会構造の大きな変化に伴い、日本の経済界を取り巻く環境にもさまざまな変化の波が押し寄せています。終身雇用や年功序列などといった悪しき日本の慣行が崩壊して久しいですが、サラリーマンや公務員など現役世代には一層の変化が求められていると言っても良いのではないでしょうか。大企業を中心にした、副業の容認や解禁についても徐々に浸透の動きを見せています。まだまだ、全産業とはいきませんが、いわゆるIT 企業や大手通信事業者を中心にだいぶ増加してきました。

副業の容認や解禁が拡大傾向にあるビジネス環境を後押ししているのが、ライブ配信技術の格段の進歩です。一昔前であれば、ライブ配信を実施できるのは、それに必要な機材や技術を持った業者に限られていたのが現実です。
少なく見積もったとしても、数十万円は必要となるため、個人の趣味や娯楽の範疇でライブ配信が可能な環境を手に入れることは到底できませんでした。

ところが、2000年代に入ると一気にライブ配信が一般の人にとっても身近な存在へとなっていきます。パソコンやスマホ、タブレット端末などのデバイスの革新的な進化もさることながら、いわゆるユーチューバーなどと称する新たな職業が誕生しました。
ユーチューバーとは、主にスマホなどを使って撮った画像をネット上に配信して広告料などを稼ぐビジネスです。基本的には、アカウントさえ持っていれば誰でもライブ配信をすることができます。

「ライブ配信をする」すなわちライバーになるためのハードルは高くないことから、続々とライバーになる人は増えています。もちろん、稼げるライバーになるには、人々を惹き付けるような内容のライブを作り上げることが重要です。若い世代はもとより、中高年やシニアまでが楽しみにするライブ配信は、ユーチューブ以外にもインスタグラムなどでも可能ですが、いずれにしてもライブのクオリティが大切です。

ライブ配信を見る人の性別や世代は多岐に渡りますが、一方でライブ配信を企画運営する側をみると、圧倒的に若い世代が多いことがわかります。ある大学の調査によると、大学生のおよそ80%が何らかの形でライブ配信の経験があるといいます。

確かに、比較的時間に余裕がある大学生は、ライバーとしても活躍しやすい環境にあるのかもしれません。気をつけなければならないのは、ライバーとして成功したことによる収入には税金がかかることです。一個人事業主として、きちんと納税することが求められます。