海外の通販事業者も日本に向けてサービスを展開する場合、特商法の対象事業者となる

NO IMAGE

今回の特商法に記載する内容ですが、実は、海外の通販事業者も場合によっては日本で商品を展開する場合、日本の特商法に従い商品を販売しなければならないというルールが適応されます。

海外の事業者が日本の特商法に従う必要性がある事例でスタ、例えば、日本人向けにサービスや商品を展開しようと、公式サイト自体を日本人が購入しやすいよう、日本語で表記した場合、日本人を対象にビジネスをしているとみなし、日本の売買の法律である特商法が機能します。

逆を言えば、この法律は、海外でも日本の運営側が国外でサービスを執り行う場合、対象となる国の言語に翻訳し、ビジネス行為を行えば、日本の事業者も同様に対象となる国を選んでビジネスをしていることになりますので特商法が機能します。
そのため、日本も諸外国でサービスや小遺品展開を行っている際に、現地の言語に合わせた場合、対象となる国を選んで商売していますので返品の義務や商品の保証という義務が付きまとうのです。

しかし、あえて、海外の事業者側が日本人相手にビジネスをしていないという対応をした場合、どうなるかですが、この場合は特商法は機能せず、返品義務や交換義務というものは、自己申告により直接売買者とやり取りをする必要性があり、たとえ相手側がまっとうなビジネススタイルでない人物であっても特商法は機能せず、対象を罰するということはできないです。

ただ、そうした事業者については、評判というものが悪いことが多いため、たとえ現地の言葉で書かれているサイトであってもおそらく信用性がある事業者であるという評判はないはずです。そのため、海外の事業者で注意すべくは、日本の特商法を守ると記載があるうえで特商法に記載がある保証行為を一切行わない事業者に注意を払うべきです。

本来は特商法の記載は海外事業者であろうと守るべき行為を記しているのですが、中には消費者を安心させるためだけに特商法の記載をしている事業者もいるため、注意すべくは特商法の記載をしている海外事業者のほうが注意すべく点が多く、まして日本語で注意事項や返品事項などを細かく記載していてもいざというとき、それらが機能しないのでは対処のしようがなく、法律的には、サイトの運営を止めることしかできませんのでトラブルが起きても必ず特商法の記載があるからといって保証を受けられるわけではないのです。

以上が、海外における特商法ですが、海外でも消費者を守るための法律は存在しており、日本でいう特商法に似た制度がありますので、海外事業者も実は日本の特商法を守らないとビジネス展開を打ち切ることが可能なのです。